独歩の湯で撮影をご希望される方へ

独歩の湯での撮影・ロケーションについては、事前に許可が必要になります。
予め以下の点にご注意の上、必ずご連絡を頂けますよう、お願い申し上げます。

1.撮影予定日・予定時間について
 営業時間中
  繁忙期(GW・年末年始等)の撮影はご遠慮頂きます。
  繁忙期でない場合も、貸切は基本的にご遠慮頂いております。
 営業前・営業後
  設備(湯・街灯)稼働の関係上、営業前後は基本的にご遠慮頂いております。
 休業日
  毎月末木曜日(当日祝日にあたる場合はその前日)の休業日は施設点検日に当たるため、
  撮影を承ることが出来ません。

2.撮影までの手続き
 事前に書類提出が必要です。
 ①企画概要がわかる書類
 ②撮影スケジュール
 ③撮影会社ご担当者さまの連絡先
 上記3点が記載された書類が必要ですので、提出をお願いいたします。

3.損害について
 当施設を撮影で使用するにあたり、事故などのトラブルにつきましては、
 全て撮影会社さまの責任に帰します。
 ご来場のお客さまの肖像権その他プライバシーの保護につきましては、
 侵害することのないよう十分ご注意願います。
 撮影会社さまが施設の設備・機器・備品等、また来場者・施設管理者に損害を与えた場合、
 係る費用は全て撮影会社さまにご負担頂きます。

4.施設使用料について
 当施設の使用にあたっては、施設の広報を目的として、撮影場所の提供をしております。
 また、気軽に別の撮影でも独歩の湯を利用頂ければと考えており、その考えから施設使用料は
 頂いておりません。出来る限り広報・宣伝にご協力をお願いいたします。

【お問い合わせ・お申込み】
 独歩の湯指定管理者:
 万葉公園共同事業体 秋山商事株式会社
 〒243-0004 神奈川県厚木市水引2-2-1
 TEL:046-224-3000/FAX:046-224-3349
 e-mail:atugi@akiyama-shoji.co.jp
 


リニューアルのお知らせ♪

このたび2Fレストハウスは、
自動販売機コーナーにリニューアルいたしました。

清涼飲料水のほか、カップラーメン、お菓子、ビールなど取り揃えております。

お湯のご用意もありますので、
休憩スペースとしてお気軽にご利用くださいませ。

なお、足湯に浸かりながらのご飲食は、ご遠慮くださいますようお願いいたします。


自販機写真2

バイクでのご利用について

ツーリングの立ち寄り地点等でも独歩の湯をご利用頂いている方がおられるようですね!

独歩の湯の周辺「バイク」駐車場のご利用案内をさせて頂きます

バイク専用の駐輪場というものはございませんが、
駐車場の中で自動車とは異なる場所を現地でご案内しております
中型バイク・大型バイクは2010年11月現在、普通車の半額(1H50円)にて提供させて頂いております
 ※運用会社が異なるため、駐車場の最新情報は湯河原温泉観光協会
0465-62-3761にお問い合わせ下さい

場所は乗用車と同じく観光会館です

※催し物がある場合は周辺の別駐車場をご案内する場合がございます

地図・アクセス

独歩の湯へご来場頂く際の交通案内を申し上げます。

■お車・バイクでお越しの方
神奈川県足柄下郡湯河原町宮上566(推奨駐車場の観光会館です)
湯河原駅からの地図

■電車・バスでお越しの方
JR東海道線湯河原駅下車
路線バス2番乗り場(改札出てすぐ)から
「奥湯河原」または「不動滝」行きにて約10分、「落合橋」バス停下車(目の前が観光会館です)

下の写真にある建物が万葉公園の入口にある湯河原観光会館です。
観光会館の駐車場奥から、万葉公園の景色をお楽しみになりながらお越し下さい。

独歩の湯は万葉公園の奥にあります。川沿いの道を道なりに直進して頂ければ到着です
観光会館


「足湯」の効能

独歩の湯に限った話ではありませんが、足湯というものの効能について少し調べてみました。

国立循環器病センターの研究グループによれば、
心臓機能が改善したという調査結果があるようです。

体の深部の温度が上がって末梢(まっしょう)血管の血流がスムーズになり、
心臓のポンプ機能への負担が軽減する効果がが認められたとの事だそうですね。

全身浴と違って、体への負担が少ないのも良い所です。

静岡側
治療目的で独歩の湯に来られる方は、
静岡県側の隠し通路?から来られるのが一番楽ですよ~

自動車の方
静岡県熱海市泉中沢 225
(悠楽館という建物です)の反対側の下り階段からどうぞ。
※とてもわかりにくいですが、写真の下り階段です。
小さく「独歩の湯」の看板があります。
わからないまま通り過ぎる方が非常に多いので、印刷して持参される事をおすすめします。
駐車場は階段横の民家の方が管理されている駐車場がありますが、
おられない場合は観光会館まで戻る必要があります。残念!


タクシーの方
「独歩の湯を静岡県側から入りたい」
または
「観光会館を左に曲がった方から入りたい」
と伝えて頂ければと思います。

※車いすの方は、過去日記のスロープからお越しください


独歩の湯とは

万葉公園 独歩の湯

Author:万葉公園 独歩の湯
都心から車・電車等で1時間程度。秘湯「湯河原」で森のマイナスイオン、足湯、マッサージで癒しをいかがでしょうか?

割引券はこちら

ブログ内検索

携帯ページはこちら

QRコード

各国語対応

リンク

ご意見ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

更新情報をお届けします

万葉公園足湯施設「独歩の湯」公式ブログのRSSフィード